腰椎すべり症・腰椎分離症|池田市で整体をお探しの方は、腰痛に力を入れている気エネルギー整体気らく庵までお気軽にご相談ください。

完全予約制

0727030573

営業時間9:00~19:00 ※時間外応相談

休診日日曜/祝日

web予約はこちらから

腰椎すべり症・腰椎分離症

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 病院ですべり症と診断された
  • 背骨をさわるとデコボコしている感じがする
  • 靴下を履くような姿勢が苦手だ
  • 自転車や車移動がほとんどで、歩くことが少ない
  • 重たい荷物を持つと腰や殿部に響く。

上記のような症状でお悩みの方は当院にお気軽にご相談ください。
あなたと同じ腰椎すべり症・腰椎分離症に悩んでいた人が
当院の施術で改善されております。

次へ

腰椎分離症・すべり症について

腰椎分離症は腰椎の一部に負担が蓄積して疲労骨折してしまった状態です。基本的にはスポーツによるオーバーユース障害で、発症年齢は10歳~15歳のスポーツ習慣がある小・中学生に多くなっています。
一方、20歳以上でも、アスリートを中心に腰椎分離症が見られることがあります。腰痛は腰を後ろに反らせたときに強くなるという特徴があります。

腰椎分離症・すべり症の原因

腰椎分離症・すべり症の原因

腰椎分離症の多くは、スポーツによるオーバーユース障害です。身体が柔らかい小・中学生頃に、腰を反らせたり回したりといった動作を繰り返すことで腰椎の一部にヒビが入って起こります。ケガのように1回で起こるわけではなく、負担が蓄積することで起こる疲労骨折です。スポーツ選手にもよく発生し、アスリート全体の30%~40%に腰椎分離症が見られるという報告もあります。

激痛ではなく鈍痛である場合が多いため、気がつかずに放置されてしまう場合も多いようですが、ヒビの段階で適切に対処し、完全な分離を防ぐことが大切です。

一方、中高年以降の腰椎すべり症の原因の一つとして、青年期までの腰椎分離症が挙げられます。腰椎が破断していることで、加齢とともに前後にずれやすくなるためです。腰椎分離症は成人以降痛みがないケースがありますが、将来的に腰椎すべり症へと進行していく場合があります。

腰椎分離症・すべり症の施術法

腰椎分離症・すべり症の施術法

筋肉異常を良くする独自の理論があります

腰椎分離症ではヒビが入っている期間の運動を制限することが大切ですが、同時に筋肉のバランスをとることが腰椎への負担を軽減するために重要です。当院の施術は筋肉の異常にアプローチする独自の理論(気導術)に基づいています。骨ではなく筋肉の異常を見つけて、正しいバランスに整えていくことで骨の歪みも整えます。骨格のバランスを整えることであなた自身の自然治癒力が働くようにします。 バキバキ骨を鳴らすような施術はしませんのでご安心ください。

また、ストレスが痛みを強化したり、慢性的なものにしたりしていることも考えられます。そういった不調の原因になるストレスも一緒に取り除いていきます。

PAGE TOP WEB予約